SiC ( 炭化ケイ素、シリコン・カーバイド)

電力制御に利用する「パワー半導体」の新たな材料として、現行のSiの特性を10倍ほどに大きく超えると期待されているSiCの研究開発について。

SiCは、これまでSi(シリコン、ケイ素)が使われていた、コンバータやインバータといった電力変換器の、電力制御に利用する「パワー半導体」の新たな材料として、開発が期待されています。


SiをSiCに置き換えることで、現行の材料であるSiの特性を、10倍ほどに大きく越える「省エネの切り札」となり、電力変換器の大幅な効率向上や小型化が見込めるため、電力会社や自動車メーカー、電機メーカーなども大きな期待を寄せています。


一部ではSiCの使用が始まっていますが、性能の面ではまだまだ大きな伸びしろがあります。我々は、このSiCをパワー半導体の材料として(Siからの)置き換えを可能にする、高品質で大きな結晶を開発することをテーマとしています。


パワー半導体*=例えば、発電所で電力を直流から交流に変換する、工場で生産設備のモーターを動かす、マイコンやLSIを動作させるなど、コンバータやインバータといった電力変換器で、モーターなどの制御や電力の変換を行う半導体のこと。「演算」や「記憶」などの働きをするマイコン(CPU)やメモリなどのLSIを半導体と呼ぶのに対し、パワー半導体は、扱う電圧や電流が大きいことが特徴です。

新4年生向けオープンラボ

オープンラボを以下の日程で開催いたします。 集合場所: C-TECs 1階 ロビー日  時: 4月1日(水)  […]

・・・More.
ICAE 2019「先端電子材料国際会議」にて、招待講演

2019.11.5~8に開催された、ICAE 2019<最先端電子材料国際会議>にて、宇治原 徹教 […]

・・・More.
名古屋大学開催ICMaSS2019「持続可能性のための材料とシステムに関する国際会議」にて14件発表

2019.11.1~11.3に開催された、ICMaSS2019「持続可能性のための材料とシステムに関する国際会 […]

・・・More.
名古屋大学工学研究科主催の「テクノ・シンポジウム名大」にて講演

2019年10月11日(金)に開催された、名古屋大学工学研究科主催の「テクノ・シンポジウム名大」にて、宇治原徹 […]

・・・More.
ICSCRM 2019「炭化ケイ素および関連材料に関する世界最大の国際会議」にて3件発表

2019年9月29日~10月4日開催の「ICSCRM 2019(※)」にて、宇治原研究室から朱燦特任助教、藤榮 […]

・・・More.
高温環境下における4H-SiC結晶中の積層欠陥拡大の放射光X線トポグラフィーによるその場観察

2019年9月29日~10月4日開催の「ICSCRM 2019(※)」でも発表をした、 「高温環境下における4 […]

・・・More.
第80回応用物理学会秋季学術講演会で発表

2019.9.18~21、第80回応用物理学会秋季学術講演会で、宇治原 徹教授、田川 美穂准教授、原田 俊太講 […]

・・・More.
ICCGE-19(第19回 結晶成長と国際エピタキシー会議)で発表

2019.7.28~8.2に開催される、第19回 結晶成長と国際エピタキシー会議(ICCGE-19)で、宇治原 […]

・・・More.
AI活用で結晶成長*にアプローチ!次世代に活躍するSiC

*結晶成長=結晶を増大させること 次世代と言われるIoT*や5G*の社会に不可欠な、革新的な省エネルギー材料の […]

・・・More.
日本学術振興会 素材プロセシング第69委員会で発表

2019.7.16に開催される日本学術振興会 素材プロセシング第69委員会 第2分科会(新素材関連技術) 第7 […]

・・・More.
応用物理学会 シリコンテクノロジー分科会で招待講演

2019年7月12日(金)  に開催された 応用物理学会 シリコンテクノロジー分科会 第218回研究 […]

・・・More.
国産技術で作る 次世代に活躍するSiC

SiC(シリコンカーバイド)は運輸、製造、民生などあらゆる分野で燃費向上、低エネルギー損失を実現できる、大注目 […]

・・・More.